訪問販売に関する詐欺が横行中です

訪問買取という詐欺を知ってるでしょうか。不用品買取を装い、自宅に眠く貴金属を安く買い取っていく業者の事です。
ちゃんとした業者は古物営業法の許可を取っているのでちゃんとした免許証を持っている筈です。また行商を行う従業員には行商従業者証の携行が義務付けられているので怪しい業者にはこれの掲示を求めましょう。

突然自宅を訪問して「不用品買取してます」と言ってくる業者はまず怪しいと疑って下さい。自分から店頭に電話し買取出張サービスを申し込んだのでない限り、絶対に家の中に入れてはいけません。たとえ、物腰が柔らかく親切そうな人であっても門前で対応しましょう。

どんな家でも眠っている貴金属はあると思います。自分は売る気がなくても、その気にさせるのが悪質業者の手口です。「自分が被害に合う事はないだろう」、そう過信せず売る気が無いものはないといった意志をハッキリ伝え断固たる態度で相手に臨みましょう。
一度売ってしまうと取り戻す事は難しいです。押買いに関する規制が施行され、クーリングオフの対象になったとはいえ、業者の所在さえ分からない事もあります。そうなるとどうにもできません。
こうした被害を未然に防ぐ為にも理由の無い訪問は絶対に家の中に入れないようにしましょう。